栃木の自然と風景

時々は更新するつもりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

”希望とは自分が変わること”より その2

武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」で先週紹介していた養老孟司著"希望とは自分が変わること"についての話を聴いての、私の感想をもう少し書いてみます。
ラジオから聞き起こした言葉なので、原文に対し正確さを欠く部分は御容赦願います。

キリスト教人間中心主義。
家畜は神が人のために神が作りたもうた。操作しても良い家畜である。ゆえに人間の都合で牛鶏を飼育するのだ。どう扱おうが人間の勝手ではないか。


(私の感想)
要するに家畜とは「ゴイム」たる私達民衆・大衆と置き換えればよい。
誰かさんが作った幻想・幻覚の世界に住み、本当に生きているのかどうかもよく分からなくなっている私達一般大衆のことを言っていると。。。私の勝手な解釈でしょうか。

人間が欲するものは事実ではない。人は事実から真実は引き出せない。

真実とは理屈ではなく共感であるからである。ハリーポッターや千と千尋の神隠しは頭から真っ赤な嘘。その嘘が読む人見る人に真実、誠を探しに行こうという旅をさせる。


(私の感想)
先日も書いたことですが、これはとても”共感”出来る言葉です。
また、天皇皇后両陛下が被災地をお見舞いされた時の、人々におかけになる言葉やまなざし、これは「理屈ではない共感」「真実」そのものと、そう武田氏は言いたかったように聞こえました。
対して、現政府の閣僚や東電の幹部が被災地を訪れた時の、被災者への目を疑うような接し方を思い出せば、人間とはどうあるべきか逆の意味から深く考えざるを得ません。

武田鉄矢氏が、ラジオというメディアの制限の中で、未曾有の出来事に際し、精一杯伝えようとしている思いがあるのだと感じながら聴いています。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/14(火) 23:40:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<屋久島にて | ホーム | 2011年6月14日福島第一原発>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyupapa.blog123.fc2.com/tb.php/220-949cc3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゅうぱぱ

Author:きゅうぱぱ
栃木の県南地域を中心に撮り歩いた風景などを紹介していきます。

また、ブログに掲載した画像をピックアップした、ウェブギャラリー http://yamabohshi.web.fc2.com/ もあります。

Twitter @k_yamaboushi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。