栃木の自然と風景

時々は更新するつもりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

印旛沼の朝その1

昨日の雨のため、今朝はどこもかしこも濃霧に包まれていました。
印旛沼の夜明けです。
朝焼けも赤い朝日も拝めませんでしたが、滅多に行く事のない場所なので頑張って撮ってみました。

印旛沼1


印旛沼3


印旛沼2


船戸大橋のそばの中洲がいいと教えていただいたので、そこで撮りました。
ちょうど浚渫工事をしており、0.7m3のバックホウの近くにはヘドロの山が出来ていて、今は撮れる場所が限られてしまうんだと、習志野ナンバーのカメラマンさんが言っていました。

明日もこの続きをアップする予定です。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/03/11(火) 23:29:53|
  2. 印旛沼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<印旛沼の朝その2 | ホーム | 大田原市北金丸のザゼンソウ>>

コメント

ジョージさん、
情報ありがとうございました。
朝霧は期待して行ったのですが、
あまりの濃霧にびっくりでした。
工事はそんなに撮影に支障ありませんでしたよ。
  1. 2008/03/13(木) 13:49:02 |
  2. URL |
  3. きゅうぱぱ #-
  4. [ 編集]

こんばんわ

遂に行かれましたね。
霧でしたか、でも印旛沼は霧で有名なSPOTです。
船戸大橋のところまで作業が入っているとは・・・
気がつかず申し訳ありませんでした。

今回いかれたところは、野鳥も沢山いて、好きな方々は煙突のようなレンズを構えていられます。

機会があれば、また是非お越しいただけると・・・
  1. 2008/03/12(水) 23:01:47 |
  2. URL |
  3. ジョージ #-
  4. [ 編集]

だるまめだかさん、
ありがとうございます。
近くの案内板に、昔は渡し舟が交通手段だったと、書いてありました。
山本周五郎は読んだ事はありませんが、小船と霞む沖の風景が昔を彷彿とさせます。

  1. 2008/03/12(水) 12:13:48 |
  2. URL |
  3. きゅうぱぱ #-
  4. [ 編集]

朝もやと古い川舟。
物語を感じます。
朝早く駆け落ちする二人が、待ち合わせる舟。
町へ出てゆく子どもを見送る貧しい農家の夫婦。
山本周五郎が好きでよく読みましたが、そんな物語の場面の背景に似合いそうです。

バックホウの写真は現代劇で白骨死体が発見される場面とか。
  1. 2008/03/12(水) 09:52:46 |
  2. URL |
  3. だるまめだか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kyupapa.blog123.fc2.com/tb.php/127-ee208ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きゅうぱぱ

Author:きゅうぱぱ
栃木の県南地域を中心に撮り歩いた風景などを紹介していきます。

また、ブログに掲載した画像をピックアップした、ウェブギャラリー http://yamabohshi.web.fc2.com/ もあります。

Twitter @k_yamaboushi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。