FC2ブログ

栃木の自然と風景

時々は更新するつもりです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと道草

110415

国道293号線を移動中、ちょうどお昼休みの時間だったので、かたくりの里に寄ってみました。

この頃ネットで地震やら原発の情報にかじりついてばかりで、自分がおかしくなっているのを自覚していたこともあり、行動を変えてみようという意図もあって。

CANON PowerShot S90 にて撮影。

コンパクトカメラとしてはなかなか優秀で、レンズの解像力は物足りないが感度を上げてもノイズが少なく仕事にも重宝。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 19:31:10|
  2. 栃木の風景 春
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無題

daifuku

先月の24日に亡くなった、「だいふく」の、1年くらい前の画像です。
「もう、こんな平穏な日々もこれで終わりなんだろうなあ・・・」と思った次の日に亡くなりました。

去年の年明けには耳に腫瘍が出来、キャバリアのチャームポイントである耳の片方を切除しました。でも、そのときは悪性腫瘍でなかった事を喜び、また一緒に過ごせる事に安堵したものでした。
さらに数年前には「子宮内膜炎」に罹った事もありました。
体の弱い子で、大変でしたが、他のキャバリアの子とは全然違って見える(ただの親バカなのかも)特別な犬でした。

母の他界からはじまった個人的な事も含め、
今年はもう既に沢山の事が起こっています。
これからは、さらに激しさを増していくのでしょう。

こういった時期なので、ちょっと書いてみたい事があります。

実は、私は過去に、今起きつつある状況(災害や戦争など)に繋がるような夢やインスピレーションを見たり感じたりした事が幾度かありました。

予言などと違い、時期や場所が特定出来るものは殆どありませんが、どうも現在の流れと大まかには一致している感じがします。
今からでも、今後の生き方に活かして行けることがあるなら、ちょっと考えてみたい。

私は最近、悲観的な思考にとらわれる事が多くなっていました。
でも、こんな時だからこその希望を見いだして行こうと思います。

  1. 2011/04/07(木) 20:10:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇の部分

「次」はいつ起こるのか・・・私の意識の何割かが常にそちらに向き、残りの何割かで日常の仕事や生活をしている状態です。たぶん、ふたたび大きな事が近いうちに起こるのではないかと感じます。
経営者の皆さんは、今の状態をどうやって立て直すのか非常に悩んでおられることでしょう。私たち建設業界もそうですが、ほとんどの人が「これまでと同じ社会のありかたの延長上」で今後をどうするか考えているのであって、たとえば首都が東京から移転してしまい関東地方が日本から見限られるとか、国家が破綻するとか、ものすごいインフレに見舞われるとか、そういった極端な出来事は「起こらない」前提で考えを巡らせていると思います。しかし、慣れ親しんできた日常が完全に崩壊するのは時間の問題のような気がします。
放射能汚染に関して諸外国の見方としては、こんな危険な地帯に首都を置く国家と付き合うリスクを冒さないのが当然でしょう。それでなくても今のままの喪に服したような自粛状態と計画停電等による経済損失、土壌汚染による米の収穫量低下、などなどいろんな事が合わさって、日本は本当に貧しい国になるだろうな、と想像します。

不謹慎かもしれませんが、あくまで個人のブログであり、自分の思うままに書いてよいならば、どうせ起こすなら早く起こせ、という気分です。
昔からずっと思っていたのですが、この時代が嫌いでした。学校も仕事も、根っこのところでは社会の全てを嫌悪していたと思います。生きていること自体が憂鬱で、本当は、誰にも知られずに、静かにこの世から消え去ることが望みでした。だって、本当にイヤな世の中でしょう?ずるい人間だけがのうのうと大手を振って歩き、金儲けのうまい人間が勝者として賞賛される。今の時代、正直であることはほとんど「馬鹿」と同義語でしょう。
こんな世の中は早く終わって欲しいと。(別に危ない団体に関わったりはしませんでしたよ、注)きわめてネガティブな心根ですが、表向きに演じるポジティブな自分の裏に、「暗闇」もずっと抱えていたことを、最近わりとはっきり意識するようになりました。
いいのか悪いのか分かりませんが、おかげで結構つらいときが多くなりました。
震災の報道で世界が驚いたという日本人の行動。そういった日本人らしさが、希望かもしれません。もし日本が、日本人が生き残ったなら、世界に範を示す民族として存続して欲しい。
それには「日本語」が絶対不可欠だという気がしますけど。

  1. 2011/04/03(日) 17:54:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きゅうぱぱ

Author:きゅうぱぱ
栃木の県南地域を中心に撮り歩いた風景などを紹介していきます。

また、ブログに掲載した画像をピックアップした、ウェブギャラリー http://yamabohshi.web.fc2.com/ もあります。

Twitter @k_yamaboushi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。