FC2ブログ

栃木の自然と風景

時々は更新するつもりです

一年を経て

最近、漸く落ち着いてきたので、本当に久しぶりに日光霧降高原へ行って来ました。
一年前、デジタル一眼レフであるEOSkissDXを初めて手にして、最初に出掛けたこの同じ場所に、節目という思いもあって行こうと思い立ったのです。

平成19年9月16日の霧降は、朝焼けと共に次から次へと雲が湧き上がり、劇的な光景でした。
今朝は、一年前のあの朝に較べると実に穏やかな夜明けです。
ドラマティックな絵は期待できないし、どうしようかと思案しておりました。

それ以外に、特に何も頭の中にはありませんでした。
ふと、こうして高原の大気に包まれ、青空の中にうす紅く浮かぶ雲を眺めていると、「美しいなあ」と珍しくリアルな感覚がやって来たのでした。
写真って、夢中になってしまうと、光景に感動するとかそんな余地は自分の中にはありません。
ただ慌しい作業の時間、といってもいい。
何故か集中することだけはします。
だからといって別に上達する訳でもないのですが。
なので、風景をリアルに感じるというのは珍しいことでした。


080923霧降01

080923霧降03
スポンサーサイト



  1. 2008/09/23(火) 23:10:29|
  2. 日光~秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小田代原4

小田代原4

 奥日光の小田代原は、言わずと知れた超人気撮影スポットですが、人気のおかげで多くの人が押し寄せる場所です。
 今は一般車は進入禁止で、交通機関は赤沼からハイブリッドバスを使わなければいけません。ずいぶん前からそのようになっているのですが、私にとっては初体験の、そのハイブリッドバスなるものに乗り込み、写真を撮りに行って来ました。
 朝4時半の便は満員で、全員がカメラマンのようです。現地に着くなり、皆さん先を争うように降りてゆき、最後に降りた私たちは、あまりに久しぶりなので真っ暗な中で何処が撮影ポイントかも分からず、人の列を追いかけて木道を歩いていきました。
 木道の上はすでに三脚の列、列・・・私たちも適当と思われる場所をようやく確保し、夜明けを待つことに。
 気温はおそらく氷点下なのですが、風がないので比較的快適に過ごすことが出来ました。
 唐松さえも多くが葉を落としている中、低木や草に霜がおりて、晩秋の趣です。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/04(日) 23:37:43|
  2. 日光~秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小田代原3

小田代原3

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/04(日) 23:36:58|
  2. 日光~秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小田代原2

小田代原2

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/11/04(日) 23:35:22|
  2. 日光~秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

湯ノ湖

湯ノ湖


 この日は朝からすごい風が吹き荒れていました。
 しかし、このポイントだけは丁度風が弱いらしく、別の場所は湖面に白波が立っているほど。
 隣にカメラを構えている人に、
「今日は残念ですね、先週は湖面に鏡のように紅葉が映り込んでいたんですよ」と言われました。
 私としては、画面奥のさざ波と、手前の水面のゆらぎが気に入っていますが、表現出来ているでしょうか?

テーマ:四季 −秋− - ジャンル:写真

  1. 2007/10/21(日) 21:53:58|
  2. 日光~秋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

きゅうぱぱ

Author:きゅうぱぱ
栃木の県南地域を中心に撮り歩いた風景などを紹介していきます。

また、ブログに掲載した画像をピックアップした、ウェブギャラリー http://yamabohshi.web.fc2.com/ もあります。

Twitter @k_yamaboushi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる