FC2ブログ

栃木の自然と風景

時々は更新するつもりです

太平山

随神門1
太平山随神門

随神門2
スポンサーサイト



  1. 2013/01/20(日) 15:42:42|
  2. 栃木市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくら(錦着山護国神社)その2

先日アップした錦着山の桜、数日後に訪れたところずいぶん開花が進んでいたので、その様子です。

さくら錦着山7


さくら錦着山6


神域をずっと守り続けてきた狛犬。
さくら錦着山8


にほんブログ村 地域生活ブログ 栃木情報へ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/04/03(木) 22:44:40|
  2. 栃木市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さくら(錦着山護国神社にて)

さくら錦着山1


さくら(独唱) 森山直太郎

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえる

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 
変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 
飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう 

さくら舞い散る道の上で


さくら錦着山4


栃木市の、錦着山という小さな山に護国神社が建てられており、戦没者の霊が祭られています。
社殿と、日露戦争の戦勝記念に立てられた慰霊塔の間の枝垂桜が、ソメイヨシノより一足早く咲いていました。満開まで少しかかるでしょうが、蕾があるうちも綺麗なものです。
さくら錦着山3


この「燈台」には今も明かりが灯っているんですね。(現代らしく水銀灯です)
さくら錦着山2


どうして森山直太郎の「さくら」かというと、この曲は私の場合どうしても、戦に散った友のための歌に聞こえてしまうからです。
曲を聴く人の解釈は自由なので、どのように受け取るかは人それぞれでしょうが、いずれにしても桜をテーマにした数多くの歌の中でも、名曲のひとつではないでしょうか。

さくら錦着山5


にほんブログ村 地域生活ブログ 栃木情報へ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2008/03/30(日) 19:00:00|
  2. 栃木市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

雪の栃木

栃木の街の雪景色を少し紹介させていただきます。

 下の写真は、市役所の別館です。
市役所別館

 明治4年(1871)の廃藩置県により、栃木町(現在の栃木市)は栃木県庁の所在地となりました。
 やがて県庁は宇都宮へと移転するのですが、「栃木県」という県名が残ります。
 この洋館は、大正10年(1921年)、旧県庁跡地の一画に町役場として建てられたものだそうです。
 平成10年(1998)に国の有形登録文化財となりますが、現在でも市役所別館として使われています。

 次は、大通りの福田屋百貨店の前に建つ、下野新聞社栃木支局の建物です。
下野新聞社

文久元年(1861)に建てられた、もとは肥料商の見世蔵です。重厚な黒漆喰塗りの土蔵です。

にほんブログ村 地域生活ブログ 栃木情報へ

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/03(日) 14:14:22|
  2. 栃木市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

きゅうぱぱ

Author:きゅうぱぱ
栃木の県南地域を中心に撮り歩いた風景などを紹介していきます。

また、ブログに掲載した画像をピックアップした、ウェブギャラリー http://yamabohshi.web.fc2.com/ もあります。

Twitter @k_yamaboushi

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる